園舎写真

保育について

保育目標

保育目標

子ども像

  • あいさつができる子ども
  • 自分の要求がいえる子ども
  • 食べ物に関心を持ち健康で明るい子ども
  • 感謝の気持ちが持てる子ども
  • 挑戦、感動の喜びを味わい、疑問を持ち解決しようとする子ども
  • 自分のことは自分でしようとする子ども
  • 仲良く元気いっぱいあそぶ子ども
  • ふるさとの自然や文化に目を向ける子ども
  • 協調性のある子ども

保育の内容

子どもの生命の保持及び情緒の安定を図ると共に、 子どもが健やかに成長し、その活動がより豊かに展開できるよう、 子どもの生活や遊びを通して相互に関連を持ちながら、 総合的に保育を行う。

保育の方法

  • 一人一人の子どもの主体性を尊重し、自己を十分に発揮して生き生きと活動できるよう、 適切且つ豊かな保育環境を構成する。
  • 一人一人の子どもの発達過程と個人差に配慮すると共に、 子ども相互の関わりを重視し、集団としての成長を促す。
  • 保護者との連携を密にし、日常の様々な場面をとらえながら継続的な関わりや
    情報交換を行う中で、子どもの成長の喜びを共有する。
このページのTOPへ